スポンサーリンク

福島県 福島警察署の車庫証明

スポンサーリンク

福島警察署の車庫証明申請・届出に必要な情報や管轄区域について

今回は車庫証明申請・届出の時に必要な情報をまとめました(*^^)v
自動車を購入した、知人からもらった、引っ越したときの住所変更などの手続きのときに必要になるもの、、、それは車庫証明!!
普通車ならほとんどの地域が必要になります(●^o^●)条件によっては手続きの時に不要だったり軽自動車はいらないよなんて地域もありますが申請や届出の際にお役に立てばと思います。
取り方、書き方や必要書類についても解説いたします。

~車庫証明とは~

自動車の保管場所を証明する書類で自動車の手続きの時に必要になる書類の一つです。
軽自動車は普通車と違い自動車手続きの時に提出する必要がないしそもそも車庫証明の届出をしなくてもいいよ!という地域もあります。
罰金もあったりするので「手続きに必要ないから申請しない!」なんて事はやめて不要区域かどうかをきちんとしらべて必要な方は申請・届出しましょう(^^)
車庫証明が陸運局で使用できる期間は交付されてから1ヵ月以内ですのでご注意ください!

~警察署・管轄区域一覧~

福島警察署

受付時間 午前8:30~午後5:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始「12月29日~1月3日まで」を除く)
住所 〒960-8101 福島県福島市上町7-31
電話番号 024-522-2121
地図

警察署の管轄区域

福島市 旭町、荒井、荒井北、荒町、飯野町、飯野町青木、飯野町大久保、飯野町明治、石田、泉、入江町、岩ノ前、岩谷、上町、蝦貫、太田町、大波、大平山、大町、大森、岡島、岡部、置賜町、小倉寺、御倉町、小田、御山、御山町、春日町、霞町、金谷川、鎌田(字愛宕前、字阿良久、字大畑、字庚塚、字熊野、字新割、字月ノ輪、字月ノ輪山、字天神平、字天神平山、字寅生、字仲森山、字沼前、字沼、字早津小屋、字船前、字古川)、上荒子、上鳥渡、上名倉、上野寺、上浜町、狩野、北五老内町、北沢又、北中央、北中川原、北ノ前、北原、北町、狐塚、狐塚畑、狐山、公事田、黒岩、児石、郷野目、高野河原下、小金山、腰浜町、駒山、五老内町、在庭坂、栄町、坂登、さくら、桜木町、佐倉下、桜本、笹木野、五月町、佐原、山居、山居上、清水町、清水山、下荒子、下狐塚、下鳥渡、下野寺、下谷地、庄野、陣場町、新浜町、新町、須川町、杉妻町、李平、清明町、曽根田町、太子堂、太平寺、大明神、滝元、田沢、立子山、立石、舘ノ内、舘ノ前、田中島、茶屋下、仲間町、土船、土湯温泉町、天神町、堂殿、遠瀬戸、鴇頭森、所窪、鳥谷野、豊田町、中荒子、永井川、中町、成川、南向台、南平、仁井田、西中央、西養山、猫渕、野田町、花園町、浜田町、万世町、東中央、東浜町、光が丘、平石、伏拝、二子塚、舟場町、古川、方木田、蓬莱町、堀河町、町庭坂、松川町、松川町浅川、松川町金沢、松川町下川崎、松川町関谷、松川町沼袋、松川町美郷、松川町水原、松木町、松浪町、松山町、三河北町、三河南町、道前、南沢又、南中央、南町、宮下町、宮町、本内(字大柳、字慶二、字北中河原、字新畑、字中河原、字西慶二、字東慶二、字東大柳、字南河原、字南慶二、字南下釜、字南長割)、本町、森合、森合町、八木田、矢倉下、八島田、八島町、矢剣町、柳町、山際、山口、山下町、山田、吉倉、六反田、早稲町、渡利
伊達郡(川俣町)

軽自動車の車庫証明必要区域

福島県内では、「福島市、郡山市、会津若松市、いわき市(旧飯野町、旧北会津村および旧河東町を除く)」が届出制度適用地域となっています。
上記以外の区域の方は車庫証明不要です。

必要書類

・申請書
警察署などでもらえたり警察署のホームページでもダウンロードもできます。
ダウンロードするより警察署でもらう方が複写式になっているので記入が楽なのでお勧めです。
・使用承諾書or自認書
使用承諾書→駐車場が賃貸もしくは申請者以外の誰か(親族、友人など)所有の土地の場合。
自認書→駐車場が申請者本人の場合。
・周辺図、配置図
周辺図→申請者の使用の本拠の位置から駐車場までの距離を記入を分かるようにしたり周辺になにがあるか分かるようにします。
配置図→申請者の車を駐車場のどの位置に停めるか駐車スペースのサイズや入口の幅など記入します。

~費用~

普通車(申請)の手数料

保管場所証明書交付申請手数料 2,200円
保管場所標章交付手数料      550円

軽自動車(届出)の手数料

保管場所標章交付手数料      550円

スポンサーリンク

フォローする