令和2年7月豪雨災害による被害に伴い車検証の有効期間が伸長されました

 

目次

豪雨災害による被害に伴い車検証の有効期間が伸長されました

令和2年7月豪雨災害による被害に伴い、被災地域に使用の本拠がある自動車については車検証の有効期間が延長されています。
被災地域により対象となる有効期間が異なりますので下記より確認して下さい。

対象地域

熊本県(車検証の有効期間の満了する日が令和2年7月4日から同年8月3日までのもの)
(八代市、人吉市、水俣市、上天草市、天草市、芦北町、津奈木町、錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村、あさぎり町)

鹿児島県(車検証の有効期間の満了する日が令和2年7月4日から同年8月3日までのもの)
(阿久根市、出水市、伊佐市、長島町、鹿屋市、曽於市、志布志市)

福岡県(車検証の有効期間の満了する日が令和2年7月6日から同年8月3日までのもの)
(大牟田市、八女市、みやま市、久留米市)

大分県(車検証の有効期間の満了する日が令和2年7月6日から同年8月3日までのもの)
(日田市、由布市、九重町、玖珠町)

岐阜県(車検証の有効期間の満了する日が令和2年7月8日から同年8月3日までのもの)
(高山市、中津川市、恵那市、飛驒市、郡上市、下呂市)

長野県(車検証の有効期間の満了する日が令和2年7月8日から同年8月3日までのもの)
(松本市、飯田市、伊那市、安曇野市、上伊那郡宮田村、下伊那郡阿南町、下伊那郡阿智村、下伊那郡下條村、下伊那郡売木村、木曽郡上松町、木曽郡南木曽町、木曽郡王滝村、木曽郡大桑村、木曽郡木曽町)

延長内容

上記対象地域・車両の場合車検証の有効期間を令和2年8月4日まで延長

車検の手続き

対象車両については、8月4日までに継続検査を受検すれば引き続き自動車をご使用いただけます。
なお、有効期間の伸長による車検証の記載変更の手続きは不要です。

自動車損害賠償責任保険(共済)の手続き

継続検査を受検するまでに保険契約期間の終期が到来する保険契約については、契約先の自動車損害賠償責任保険(共済)代理店等に相談しましょう